水虫の感染経路

水虫の感染経路はどこからなのでしょう?家庭内や出かけた際の家庭外と実は色々な場所で水虫になる可能性があるのです!油断してしまうとすぐに感染してしまう水虫、当サイトで感染しないよう対策を覚えましょう。

水虫が気になる足

家庭内での水虫感染経路

家族の中で、よく標的にされるのが、お父さんだと言われていますが、漫画やドラマなどのコメディーにもあるように、家族では、仕事などでどうしても汗をかきやすく、なかなか着替えをすることが出来にくい環境のサラリーマンの方が、水虫を、家庭内に持ち込んでしまうことがあります。これは、水虫が靴下などの密閉空間で、大量に発生するためであり、その靴下などをそのまま、リビングなどに置きっぱなしにしてしまう他、バスルームを利用した後に、水虫がついた足で、バスルームから出てくる際のタオルやバスマットを、使用してしまうと、そこから感染経路として、他の家族の方々に水虫がうつってしまうことがあります。これは、家庭内だけでなく、よく職場などの合同合宿でも同じような現象が見られます。やはり、同じ理由であり感染経路は、誰かが水虫である場合に、バスマットなどから、または足ふきのためのタオルなどから、感染が広がり、瞬く間にその合宿で共同のお風呂などを使って、バスマットなどを使用した人に感染が拡大していく、このような経路になっています。また、家庭内でも、水虫の人が使ったタオルを他の人が使うと、同じように感染が拡大するとされています。これは、足裏などを拭いたバスタオルを、そのままかけっぱなしにして、次のお風呂などを使う家族が、水虫の菌が付着していることに気づかないまま、そのバスタオルを使うことによって、水虫にとっては喜ばしいことに、そこから、繁殖が始まってしまうのです。そのため、必ず家族であっても、バスタオルは共同では使わないこと、そしてマットも取り換えること、このようなことが必要となってきます。もし、家族なのに、気の毒…と思っていても、そのような優しい気持ちがさらに菌を繁殖させてしまうため、ここは心を鬼にしないといけません。

水虫予防対策はどんなのがある?

夏は涼しげな感じのかわいいサンダルを履きたくもなるものです。ですが、サンダルは足先やかかとの見える部分も多いため、水虫が心配になってしまうようなことも多いでしょう。水虫の場合、一度できてしまったら簡単には治りませんし、他の人にも移ってしまうことがあるので注意が必要です。ですからできる原因を取り除くようにもしましょう。原因を取り除くためには足先や蒸れやすい部分をしっかり風通し良くしたり乾燥させるようにすることが大事です。風通しを良くすることで水虫になることを避けることもできます。また、自宅にいる時はできるだけ靴下やスリッパを履かずに通気性を良くしましょう。スリッパなどは、蒸れた状態のものをそのままにしておくとそこから水虫の菌が繁殖してしまうことも多いので注意が必要です。洗濯できるものであれば洗濯して、除菌をするようにしましょう。洗わなくても日干しするだけでも菌の繁殖を防ぐことはできるので、日干しで対処させてみてもいいでしょう。また、足先の指と指の間隔が離れていない人は水虫になりやすいので、できるだけ足の指と指の間を開けてみるようにしましょう。そうすることで蒸れやすい人も群れるのを防ぐことができるでしょう。また、通気性の良い靴下や靴など、蒸れにくい製品を選ぶことも必要です。特に会社勤めしている人であれば平日は靴下をずっと履いていたり長時間同じ靴で歩いていることも多いので注意です。汗を掻きやすい夏だけでなく蒸れてしまう冬も快適に履き続けることができるものを選びましょう。そして入浴する時は足の裏もしっかりと洗うようにしましょう。そうすることで菌をどんどん増やすことを避けることができます。

水虫にもしもなってしまったら

ある日突然、足裏に酷い皮が剥けた状態を発見した、また、今まで感じたことのないような痒みを感じる、このような体験を、実は若い女性でもすることがあります。特に、20代前半などや10代前半では、あまり水虫にかかったことがある、という人はいません。これは、もちろんその人の生活環境にもよりますが、学生時代などは、服装なども自由であり、大学などのキャンパスでは夏場では、靴下などをはかずに、足元をスッキリとさせてはける自由度の高い靴などをはくことが許可されているからです。ただ、社会人になるとこのようなことは不可能になります。特に、営業系などの会社では、夏場でも女性の場合には黒いストッキングや薄いストッキングなどを必ず着用するように、指導がされている企業も多いため、このストッキングなどの蒸し暑さが、水虫を発生させる素晴らしい水虫の天国地域になるのです。もし、このような痒みが現れ、皮がむける、酷い痒みがある、またストッキングや靴下などを脱いだ時に、嫌な臭いが充満する、このような場合には、まず水虫である可能性が非常に高いです。もし、このような状態になってしまった場合には、最も効率が良いのが、皮膚科の先生に診察をしてもらい、薬とかゆみ止めなどをもらうことですが、社会人である場合には、なかなか病院にも行けないものです。自分で出来る対策としては、まずは、ストッキングなどを着用する際には、特に蒸し暑い日には、3足ほどストッキングなどや靴下の予備を用意しておき、休憩の都度などに、しっかりと除菌シートで足裏などを綺麗にしてから、新しい清潔なストッキングなどに履き替える、このことで大分、水虫を改善していくことが出来ます。また、しっかりとこまめに足裏を清潔にすることが、最も良いとされています。