水虫の感染経路はどこからなのでしょう?家庭内や出かけた際の家庭外と実は色々な場所で水虫になる可能性があるのです!油断してしまうとすぐに感染してしまう水虫、当サイトで感染しないよう対策を覚えましょう。

水虫が気になる足

水虫とソックスとカビの関係

水虫は、実はカビの一種です。

そのため、カビが大量に発生する梅雨の時期などには、他のカビと同じように水虫も大量に色々な人の足の裏などに住み着き始めます。

水虫にとって、じめじめした環境はとても心地が良いものであり、特に蒸し暑い時期などには最適な空間となっています。

そのじめじめとした最適な空間と季節が6月頃の梅雨の時期で、この季節には洗濯物もしっかりと乾かないために、濡れたままのソックスをはき続けてしまうと、絶好の水虫の住処、となってしまうのです。

そのため、気づいた時に異常に足の痒みを感じた際には、水虫菌が住み着いており、そこからは治療をすることが面倒になってしまいます。

梅雨の時期には、水虫の繁殖を抑えるためにも、極力、ソックスは何度も変えて、綺麗な状態のソックスに履き替えること、また外出した後の足の裏というものは、とてもソックスと靴との相互関係で、蒸しが最高状態にあるため、すぐに清潔なタオルと石鹸を使って、流水で足をしっかりと洗うことが必要になってきます。

この際に、足の指の裏までもしっかりと洗うこと、また指と指の間もしっかりと、こまかく石鹸で洗えば、水虫の菌は、流れていくとされています。

このように、あらかじめ予防をしておくことで、なかなか水虫にはかかりづらい足を作ることが出来ます。

また、他にもポイントとして、靴は絶好の住処となっているため、可能な限り、靴を数個用意して、交互に履くこと、それと同時に、交互に洗うこと、洗う際には洗剤などを使い徹底的に、菌を洗い流すことで、菌の繁殖を抑えることが出来るようになっています。

このようにすることで、じめじめした季節に、家族にも被害を出さずに、また自分自身もスッキリとした毎日を送れるようになります。