水虫の感染経路はどこからなのでしょう?家庭内や出かけた際の家庭外と実は色々な場所で水虫になる可能性があるのです!油断してしまうとすぐに感染してしまう水虫、当サイトで感染しないよう対策を覚えましょう。

水虫が気になる足

水虫は足の裏や指の他に手にも感染することがある

水虫というと、足の皮膚に発症するものだと思っている人が多いことでしょう。
実は水虫は正式名称では無く通称のようなもので、白癬菌というカビ(真菌)の一種が感染することで起こる病気であるため、正式な病名は白癬といいます。
そして、白癬菌は足に感染した時には足白癬と呼ばれ、水虫として多くの人に知られていますが、少ない割合ながら手や身体などにも感染することがあり、手白癬や体部白癬(ぜにたむし)と呼ばれています。
足白癬には大きく分けて3種類の症状の出方があり、趾間型、小水疱型、角質増殖型と分類されています。
このうち、趾間型は足の指の間によく症状が見られるタイプで、患部が赤くなってジュクジュクし、指の皮がふやけたり剥けたりするのが特徴です。
次に小水疱型は足の裏やふちに小さな水ぶくれが出来て、かゆみが強いのが特徴となっています。
そして角質増殖型の水虫は、足の裏の角質が全体的に厚くなってカサカサになり、乾燥してひび割れる症状が出ますが、かゆみが無いため、水虫にかかっていると気づきにくいのが問題です。
さて、水虫が手に感染すると手白癬という病気になりますが、その症状は足白癬と同じような3つのタイプに分かれ、特に角質増殖型になることが多いとされています。
手白癬にかかる人は多くの場合、足にも白癬菌が感染しており、足の爪を切った時などに足から手にうつることで発症すると考えられています。
足の水虫は市販の塗り薬で治そうとするなら、根気よく薬を塗り続けることが必要になりますが、手に症状が出た場合は他の皮膚病と間違えやすいため、合わない薬を自己判断で塗ってしまい症状を悪化させる危険性もあるとされています。
そのため、足に水虫があり、手にも何らかの症状が出ている時は皮膚科で医師に診てもらい、適切な薬を処方してもらうのがおすすめと言えます。